2013年入社

「この人になら任せられる」お客様との関係作りを大切にしながら成長したい

委託事業部 宮崎 光一

宮崎 光一

大手通信機器メーカーの商材の営業に従事

私が現在所属する委託事業部では、大手企業の委託を受け、企業様向けに電話機、ファックスなどの通信機器や、セキュリティ関係の商材を販売しています。
1年半前に現在の部署に異動になりましたが、入社以来、一貫して営業職に従事してきました。 営業はノルマがつきものですが、常にノルマを達成出来るわけではありませんので、契約件数や売り上げ目標が達成出来た時にはやりがいを感じます。

宮崎 光一

お客様の立場に立って信頼関係を築く

契約件数や売り上げ目標を達成するための手法は営業マンによって様々です。
契約に結びつくきっかけや理由も様々で、お客様と仲良くなることで取れる契約もありますし、価格競争で取る契約もあります。 そんな中で私が大切にしていることは、お客様の立場に立つということです。 可能な限りお客様とコミュニケーションを取って人間関係を作り、信用していただくことで、コストとは関係なく、 「この人になら任せられる」と思っていただける関係を構築するよう意識しています。

宮崎 光一

上司や先輩の指導で身に付いた社会人の基本

この春、キーウェストコーポレーションに入社して7年目を迎えます。 新卒入社のため、入社したばかりの時は右も左もわからない状態でしたが、徐々に社会人としての基本的なマナーとものごとの考え方が身に付きました。 学生とは違い、お金をいただく以上、それに見合った仕事をすることは当たり前です。その当たり前のことをするためにどうすれば良いのかを、自分の頭で考える力が身に付きました。

それは、上司や先輩方のご指導のおかげです。私はキーウェストコーポレーションしか知りませんが、学生時代の同級生達の話を聞く限りでは、自分は恵まれた環境にいると思っています。 職場の上司との付き合い方がよくわからない、理不尽なことが多いなど、人間関係の問題を理由に会社を辞める友達は少なくありません。 キーウェストコーポレーションでは、そのような理由で退職した人を私は知りません。

宮崎 光一

深く考えすぎず、ため込まない“ポジティブ思考”

私自身、自分の長所が何か、まだ掴めてはいませんが、営業職には向いていると思う部分は、深く考え過ぎず、ため込まないところです。
そういう意味では、基本的にはポジティブ思考なのだとは思います。お客様と仲良くなるのは得意な方だと思っているのですが、それはこのポジティブさによるものかも知れません。
今よりもっと基本給や役職を上げるためにも、自信を持ってアピール出来る長所を見つけ、伸ばしていきたいと考えています。